尾花新地(武生町遊廓) 福井県越前市桂町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース



尾花遊廓(武生町遊廓)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

武生町遊廓
武生町遊廓は福井縣南條郡武生町字尾花に在つて、北陸線武生驛で下車すれば西北へ約七丁の地點に在る。
武生は昔府中と云つて越前國廳の在つた處である。前田利家の居城も茲に在つたので、歴史的にも一寸關係の浅からぬ處だ。今は打刄物、蚊張等の産地として聞えて居る。で右樣の次第なので宿場女郎としての存在も随分古来からあつたものらしいが、別段取立てて云ふ程の記録もつては居ないらしい。明治三十二三年頃に同業者が組合を組織して現在の許可地に移轉したものであるが、當時二十八軒あつた同業者が、現在では二十三軒に減って居る。娼妓は九十五人居る。が縣下の者よりも高知縣、大阪府等の女が大半を占めて居る。店は寫眞式で陰店は張つて無い。娼妓は居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制で廻しは取らない。費用は御定りと云ふ物は別に無いが、一時間遊びは二圓で、一泊は六七圓見當である。御銚子や臺の物は含んで無い。
妓樓は今川樓、勝見樓、南陽樓、福壽樓、喜楽亭、新愛知樓、一樂樓、勝山樓、吾妻樓、清香樓、廣瀬樓、梅花樓、大正樓、萬喜樓、朝日樓、昭和樓、森上樓、若松樓、月島樓、萬日樓、龜鶴樓、呑喜樓、松葉樓の二十三軒。

昔の尾花遊郭(年代不明)

尾花遊廓(武生町遊廓)の地図



尾花遊廓(武生町遊廓)関連ブログ

尾花遊廓 -福井県-
尾花遊郭跡に行ってきました①【福井県越前市】
遊廓跡地を訪ねて 尾花新地
【越前市】福井武生「尾花遊郭」は激渋だった!【の盛り場!】
ぬけられました 武生 尾花新地
赤線、遊郭跡をぶらぶら 尾花遊郭跡編
福井・武生の尾花遊郭跡がほとんど異世界だった
武生(越前市)尾花遊廓跡

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy