十四番町(北廓)遊廓 新潟県新潟市中央区|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース



十四番町(北廓)遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

新潟市十四番町(北廓)遊廓は新潟市十四番町にあつて、市街の中央の柾谷小路から本町或は東堀通りを眞直に北へ約十町、自動車なら一臺一圓見當で行く。
四ツ谷町一丁目東堀町十三番町、本町通り十四番町、寄附町西受地町横七番町二丁目等に跨がつて居るが元は常磐町本町十四番町の二ヶ所だつた。新潟は貧家娘や未亡人が內職的に稼いだのが色街の発端である。昔は新潟の「八百八嬬」と言つて有名であつた、古来新潟は富豪が多かったし花柳界の繁栄は大したものであつて爲めに美人連が集り自然淘汰されて今の美人系となつたとの噂である。
貸座敷九十四軒娼妓約五百人藝妓約六十人居つて藝妓は遊廓妓樓に抱へられて居るのだ。多くは陰店制であるが本町通り十四番町と常磐町通り方面には張店もあつて、昔からの遊廓気分がある。
有名な妓樓は、會津樓、會々樓、櫻家等で御定りは時間制となつて居るので一時間二圓見當、又一泊なら酒肴附或は茶菓附その家々に依つて異って居るが、六圓五十錢見當だ藝妓を呼ぶなら一時間(六本)一圓五十錢位の玉代である祝儀はなく特別祝儀は客の任意、特有の民謠「新潟おけさ」「樽たたき」「新潟追分」は近代味の豊富に洗練されたものである。
「おけさ節」おけさ正直ならそばにも寝せうが おけさ猫の性でじやれかかる
「越後追分」櫓の音もゆるく聞えて船江の春は 霞む粟生島ねむる佐渡

参考写真 年代不明

十四番町(北廓)遊廓の地図



十四番町(北廓)遊廓関連ブログ

新潟十四番町遊郭跡を尋ね…
新潟市本町十四番町遊郭跡を歩く
新潟十四番町遊廓水田楼について
十四番町遊廓の福田屋、本田、双葉楼跡、東京軒など
新潟本町通十四番町~古町を歩いてみた

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy