愛宕町遊廓(松阪町遊廓) 三重県松阪市|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース

愛宕町遊廓(松阪町遊廓)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

松阪町遊廓は三重縣松阪町字松宕町に在つて關西線龜山驛から參宮線に乘換へ、松阪驛で下車すれば東南へ約六丁、松阪電車を利用して「平生町」迄行けば賃三錢である。
松阪驛は蒲生氏郷の條築した松阪城址があつて、今は松阪公園に成つて居る。本居宣長の故郷で彼の書斎は今公園に保存して在り、墓も山室山の妙薬寺に在る。松阪木綿の主產地も此處で、富豪三井王國の祖先も此處の出身だ。參宮街道中での繁華地なので昔は隨分遊女も多かったものらしい。現も昔のままの宿場に成つて居て、貸座敷は十四軒あり、娼妓は全部で七十五人居るが三重縣人が最も多い。店は寫眞式で陰店は張つてない。娼妓は全部居稼ぎ制で、客の廻しは取つて居る。費用は一時間遊びが一圓五十八錢で、一泊は二圓五十錢位である。但し臺の物は附かない。
松阪民謡「松阪よいとこ伊勢湾抱いて−、城山枕で寝た姿、ちよいと寝た姿」
娼樓には、豊栄樓、豊太樓、花月樓、福本樓、武蔵樓、新末廣棲、末廣樓、春木樓、廣友樓、遊菊樓、萬歳樓、千歲樓、浪花樓等がある。


愛宕町遊廓(松阪町遊廓)の地図



愛宕町遊廓(松阪町遊廓)関連ブログ

遊廓跡地を訪ねて 愛宕町遊郭
松阪 愛宕町遊郭と松阪大映
赤線、遊郭跡をぶらぶら 東郭(松阪市愛宕町)篇
遊郭跡地を訪ねて 三重県松阪市愛宕町 松阪駅

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy