愛宕遊郭 石川県金沢市|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース

愛宕遊郭

※金沢には「東廓」と「西廓」という花街があり、それらに隣接して「愛宕」と「石坂」の2つの遊郭がありました。

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

金澤の主計町は遊廓では無いが、藝妓は娼妓と略同様の事をして居る事は既に書いた。處で、金澤市には主計町の外に、「東廓」と「西廓」との二大遊廓がある。東廓には貸座敷又は揚屋、待合茶屋等が八十四軒あつて、西廓には百十三軒ある。其處に働いて居る處の紅唇の女は、悉く藝妓の鑑札を持つて居る者ではあるが、事實上に於ては娼妓と何等變る所は無い。
上町、下町と區別して在って、上町は最も値の高い酌婦(藝妓ではあるが酌婦と云った方が至当だ)下町は下等の酌婦と云ふ具合に大體の區別は着いて居る。上町の酌婦は大抵送り込み制で、店は張つて無いが、下町の方へ行けば、殆んど公然と店を張って客を呼んで居ると云ふ狀態である。檢徵は無論行はれて居るから、娼妓と同程度に安心して善い。而して下町の酌婦でも送り込まれて行く場合もあるが、其んな事はめつたに無く、大抵は呼び込んだ客を引き揚げて居稼ぎをやることの方が遙かに多い。
主計町の他に北石坂町にも花街がある。此處も藝妓計りで娼妓は居ないが、此の主計町と北石坂町は比較的高級な處で、北廓と西廓と東廓とは比較的低級な處とされて居る。言葉を代へて云ふと客種の悪い處である。従つて値も安い。上町邊は主計町と變りは無いが、下町邊は一時間遊びが一圓位でも揚げると云ふ事だ。宵から引け迄居ても三圓位、一泊しても六七圓見當だと云う事だ。但し臺の物は別である。引け過ぎの一泊なら三四圓位。其の代り藝妓とは云ひ條、弾けるのは流行唄位なものだらう。金澤を除いた他の町では大抵旅館へ藝妓が呼べる。引け過ぎからなら、三四圓も出せば大喜びで枕を持つて來ると云ふ始末の處が多い。かうした藝妓が多いので、何うしても娼妓の方は押されて來る事に不思議は無い。

金澤主計町遊廓

金澤主計町遊廓は石川縣金澤市主計町に在つて、北陸本線金澤驛下車市內電車の便があるので、驛前から大學病院行きに乗って、橋場停留場で下車すれば、其邊一帯が華かな花街である。
貸座敷の許可地では無いが、さればとて検番制度でも無い。金澤百萬石と云ふ偉大なる力が、斯うした藝妓とも娼妓とも付かない一種變態的な物を生んだものと思はれる。但し女は藝妓の鑑札を所持して居る。中には二枚の女も居る。妓樓は料理屋と云ふ看板か、又は待合茶屋と看板が出て居る。料理屋の看板は出て居ても調理をしない家が澤山あって、七分通り迄は皆他店から取寄せて居る。業態は總て貸座敷と同様の事をやるのであるが、一寸茲の制度は變って居る。即ち自宅で抱へて置く藝妓でも、藝妓と云ふ藝妓は全部組合事務所に寄遇して居り、食事丈けは抱主の許でする事に成って居るので、全部送り込み制の形式を取つて居る。事務所では藝妓達を集めて、三味線は杵屋六左衛門の流れ、舞踊は藤間勘十郎の流れ、鳴物は望月朴清の流れの師匠を招いて盛んに藝を仕込んで居る。料理屋では一切席料は取らない。玉代(線香代)は二時間一座敷二圓四十錢、一時間毎に一圓二十錢宛増して行き、一時間に満たざる端數も一時間として計算する。遊興税は全部の消費額の約百分の十四である。
現在同業者は三十八軒、藝妓九十名程居る。其れに主計町は、ふりの客は揚げないと云ふ悪い習慣があるので、非常に土地の發展を阻害して居る。猶金澤市には、主計町の他に、「東廓」、「西廓」、「北廓」、「愛宕」、「石坂」等の遊廓がある。
(組合員) 竹光 福金 茶屋 福又 吉廣 森龜 吉又 新艶 〆満壽 福芳 松三保 つちや 越奴 照の家 福米 中仙 木津屋 叶家 久の家 扇子屋 中金 木村屋 福春 越光 山初 河米 幾代 福國家 都家 たみや 米の家 森梅 森田家 松緑 村田屋 柏崎屋 山田家 新木村 (待合茶屋) 金彌 鈴の家 仲登喜 喜久家 細川 雁なべ 安田屋 登良家 三笠 梅亭 (以上並木町) ひさご 水月 袖ケ江 浅の家 花月 (以上錦歩町) 昭月 (兒玉小路) 永楽 (味噌屋町)  小楽 (御前町)  (料理屋) 金城樓 相川樓 殿待樓 五十家 銀月 並木樓 新並木 笠屋 京六 いろは しろや 並吉 一關亭



愛宕遊廓の地図

愛宕遊廓関連ブログ

金沢 愛宕
 



にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy