的矢遊廓(渡鹿野島)三重県磯部町渡鹿野|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース









的矢遊廓(渡鹿野島)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

的矢遊廓は三重縣志摩郡的矢村字渡鹿野に在つて、關西線鳥羽驛から志摩電鐵に乗り「穴川驛」で下車して乗合自動車に乗り、「磯野」で下車すれば直ぐである。賃金三十五銭。鳥羽から船で行くのも又一興である。
普から此處は東京大阪間を航海する船舶の避難港で、其の時分から船舶稼ぎをする女が多く居た。今の娼妓は其の後身だ、近時は船舶の川入が少なく成ったけれども、港湾の景色が絶好なので、各地から遊覧客が頻繁に集まつて來る。茲の遊廓は宿場の形ちを成して居て、遊廓には成って居ない。現在貸座敷は九軒あつて娼妓は二十一居る。何れも三重縣の女計りである。店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制である。客の廻しは好みに依つて何れにでも成る。費用は御定り(廻し)が二圓五十錢、通し花(廻し無し)は五圓で一泊が出来る。外に一時間遊びがあつて一圓五十錢。右には全部臺物の代が含んで居ない。
此處の娼妓は全部一枚鑑札であるが、大抵三味線の心得があるから、酒席を賑はすには安価で便利である。
貸座敷には吾妻亭、高砂亭、常磐樓、海月樓、三好樓、登茂恵樓、明月樓、金政樓、與可樓等がある。

的矢遊廓(渡鹿野島)の地図



にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy