磐見町遊廓(若松市遊廓) 福島県会津若松市|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース




磐見町遊廓(若松市遊廓)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

若松市遊廓は福島縣若松市見磐町に在つて、磐越西線若松駅で下車し駅から西南へ約十丁の處に在つて、タクシーは一臺五十錢である。
維新前迄は保科氏の城下で、明治戊辰の役には、全天下の敵を鶴ケ城の一孤城に引受けて、悉く悲愴な最後を遂げた。戰ひは敗けても最後迄戰つた会津武士の魂が喜しい。白虎隊の飯盛山に於ける壮烈な最後は、明治維新史を飾る唯一の花でなければならない。町からは、会津塗、会津焼、蝋燭、人参、織物等が出來る。散娼制が集娼制に成ったのは、明治三十年頃で、現在は貸座敷が拾軒あつて、娼妓が約五十人居る。全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は廻し制で通し花は取らない。費用は一圓九十錢乃至四圓五十錢で臺の物が附く、宵から一泊も出來る。附近には鶴ヶ城址、飯盛山、東山温泉等がある。(四圓五十銭と三圓五十銭は酒肴附一圓九十錢は茶菓附)妓樓は山田樓、松風樓、菊勢樓、角八幡樓、常盤樓、新小松樓、吉田樓、泉樓、小和樓等がある。

磐見町遊廓(若松市遊廓)の地図



磐見町遊廓(若松市遊廓)関連ブログ

磐見町遊郭跡
遊女~asobime~色街道中探訪記



にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy