尾ノ道市遊廓(新開遊廓) 広島県尾道市久保|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース






尾ノ道市遊廓(新開遊廓)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

尾ノ道市遊廓は廣島縣尾道市久江町に在つて、山陽線尾ノ道驛から東へ約十五丁乗合自動車の便がある。
尾ノ道は備後第一の港市で、瀬戸内海水路の要衛である畳表、酒酢鯛等の集散地だ。市の裏方には大寶山があつて、中腹には千光寺があり、山嶺には千畳敷と云ふ古城址がある。尾ノ道瀬戸から內海の半圓を見下して、無數の潮水をつなぎ合せたかのやう、實に吉備第一の眺望である。貸座敷(揚屋)は目下七十八軒あつて、娼妓は二百二十人居る。四國九州地方の女が多い。店は寫眞店で陰店は張つて無い。娼妓は少數の居稼ぎの他は全部送り込み制である。遊興は時間花制で廻しは取らない。費用は四十分一圓で、引け過ぎからの一泊は四五圓程度である。税は六分。臺の物は別勘定である。

尾ノ道市遊廓の地図



尾ノ道市遊廓関連ブログ

尾ノ道市遊郭跡に行ってきました①【広島県尾道市】
尾道 裏路地~遊郭・赤線の面影を探して~【前編】
 



にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy