焼津市花沢集落(静岡県焼津市花沢)重要伝統的建造物群保存地区(種別 山村集落)|全国重要伝統的建造物群保存地区マップ 散策動画とSNSデータベース #大正ロマン #昭和レトロ #明治時代 #江戸時代

焼津市花沢集落関連動画



焼津市花沢集落

花沢は焼津市北方の山間部の谷地にある30戸ほどの山村集落である。保存地区は南北約800m、東西約240mで、街道沿いの屋敷地と、生業の場である畑や山林を含む。保存地区の中央には旧東海道といわれる日本坂峠への道が花沢川と並行して通り、集落は法華寺を北端として、その南に位置している。屋敷は街道の西側に集中し、傾斜地のため石垣を築いて屋敷地を造成している。敷地の平場を最大限に確保するため、石垣は道路際から築かれており、その石垣の直上に農作業などで使われた附属屋が建ち並ぶ。建物には江戸時代の主屋や附属屋が散在的に残り、明治時代後半以降のお茶・蜜柑貯蔵のほか、蜜柑収穫時期に季節労働者が宿泊する建物が増改築され、中には2棟の附属屋の2階をつないで部屋とした建物もある。山の谷地に形成された花沢の景観は、街道沿いに連なる石垣と建物群が周囲の山林・畑地、川などの自然環境と調和し、独自の歴史的風致を形成している。

文化庁PDF

関連リンク
沢の里 焼津市観光協会

焼津市花沢集落の地図

静岡県焼津市花沢



焼津市花沢集落関連X投稿



宿泊サイトを選ぶ

ツアー旅行サイトを選ぶ

格安航空券予約サイト

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)