長野市戸隠(長野県長野市戸隠)重要伝統的建造物群保存地区(種別 宿坊群・門前町)|全国重要伝統的建造物群保存地区マップ 散策動画とSNSデータベース #大正ロマン #昭和レトロ #明治時代 #江戸時代

長野市戸隠関連動画



長野市戸隠

長野市戸隠伝統的建造物群保存地区は山岳修験と深く結びついた戸隠信仰を背景として標高1,000mを超える高地に成立、発展した信仰集落で、江戸時代以来の地割を良く残しており、戸隠神社中社及び同宝光社それぞれの社殿を基点とする参道沿いに大規模な宿坊が屋敷を構え、その外縁に農家、商家等からなる門前町が拡がる。保存地区内には江戸時代中期から昭和までに建築されたせがい造を特徴とする茅葺屋根の伝統的建造物が多く残されており、戸隠神社社殿や石塔、石燈籠、神木等の工作物・環境物件とともに歴史ある信仰集落としての町並みを良く伝えている。

文化庁PDF

関連リンク
重要伝統的建造物群保存地区|重伝建と宿坊

ウィキペディア
戸隠村は、かつて長野県上水内郡に存在した村。長野県の北部、戸隠山の麓に位置していた。2005年1月1日に長野市へ編入され消滅した。現在、長野市のうち町・字名に戸隠を冠している区域が旧戸隠村の区域である。最盛期には、人口が10000人ほどあったが、現在は4000人ほどに落ち込んでおり、過疎地域に指定されていた。 ウィキペディア

長野市戸隠の地図

長野県長野市戸隠



長野市戸隠関連X投稿

 



宿泊サイトを選ぶ

ツアー旅行サイトを選ぶ

格安航空券予約サイト

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)