新地遊廓(松江遊廓) 島根県松江市伊勢宮町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース


新地遊廓(松江遊廓)

※新地遊廓は松江市和田見にありましたが、大火により伊勢宮町に移転
※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

松江遊廓は島根縣松江市和田見に在つて、和田見遊廓、又は新地遊廓とも云って居る。山陰線松江驛で下車すれば北へ約二丁、大橋を渡れば直ぐである。
松江市は、中ノ海と宍道湖との間にあつて山紫水明誠に絵の様に美くしい水の都である。殊に湖水と中ノ海とを連絡する運河に架って居る大橋の景色は最も優れて居る。茲には松平氏の舊松江城があつて、五層の天主閣が聳えて居る。天主閣は誰でも観覧する事が出來て、市の甍より道湖畔一帯、中ノ海より出雲富士にかけての眺望が何とも云へない。市の附近には乃木大將の生れた乃木村があつて、佐々木高綱の墓があり、潜戶には神窟と八重垣神社とがある。
弦の遊廓には現在貸座敷(揚屋)が三十八軒あつて、娼妓が六十五人、藝妓が四十五人居る。店は陰店式に成つて居て、娼妓は總て屋方(置屋)から貸座敷の方へ呼んで遊ぶ、詰り大阪式の送り込み制である。従つて娼妓にも檢番がある。遊びは總て時間制で廻しは絶對に取らない。花代は一時間二圓、席料三十錢、仕切は朝から夕景迄五圓七十錢(席料共)一泊は六圓三十錢、半夜(十二時迄)は四圓四十錢、午前二時以後は三圓三十錢(席料共)と云
ふ事に成つて居る。又既に他の客へ出て居る娼妓を自席へ呼ぶには、一本三十錢の増花をつける。幾本でも無制限につける事が出來る。此れを「たいこ」と云つて居る。然し先の客が自分と同額を出す時は呼ぶ事が出來ない。又最初から五割の増花を附けて置けば、他の客から呼ばれる事が無い、此れを赤札と云つて居る。茲の娼妓は主に島根縣下の者が多く。小太りの肉感的な女が多い。
俚謡としては地場丈けに御馴染みの安來節や關の五本松が盛んである。
妓樓は百々家、平尾、舟木、米江、喜久乃家、扇谷、月の家、杉乃家、めづき、舟越、今岡、山岡、大阪家、恵比須家、大和家、安田、竹元、坂本、笑乃家、雪乃家、三浦、伊勢宮、福村、瀬崎、小金樓、井筒樓、だるま、新庄樓、森岡、大正樓、とんだや、植田、山崎、栗田、日の出、新開樓、余村、浪花家。


新地遊廓の地図



にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy