道後湯之町松ケ枝遊廓 愛媛県松山市道後温泉|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース






道後湯之町松ケ枝遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
道後湯之町松ケ枝遊廓は愛媛縣溫泉郡道後町字湯之町に在つて松ヶ枝遊廓と稱して居る。伊豫松山市と相距ること十餘丁に過ぎない上に、道後と松山との連絡電車がある。省線松山驛で下車して道後行の電車に乗り、道後停留場(道後驛と云ふ)で下車すれば東へ約二丁の處に位して居る。
道後の町は昔から日本一の湯の町として有名な處丈けに大古時代からの遺跡が數へ切れない程此處には残って居る。泉質も善く、熱度も高く、湧出量も豊富なので、年々湯治客が殺到して町は素晴らしい繁昌振りである。其れ故町の隅々迄も遊山気分が湛溢して、殊に花柳界には新開町の様な活氣とざわめきがある此處の遊廓は元湯女と稱して、温泉旅館の女中が客に淫を賣って居たものであるが、風紀を取締る必要上、明治十一年に現在の遊廓が許可された譯であった。現在は同業者が二十九軒あつて、內四軒丈けは居稼ぎ制で、他の二十五軒は全部送り込み制である。娼妓の過半数は二枚鑑札で、酒席へは旅館からも呼ぶことが出來る。従つて藝娼妓は全部検番制に成って居る。貸座敷には寫眞も出て居なければ、陰店にも成つて居ない。貸座敷の方から屋形ヘロを掛けて娼妓を呼ぶのである。一泊が臺付九圓四十五錢(税共)で、外に二時間遊びが四圓五十錢(税共)と云ふのがある。何れも廻しは絶對に取らない。娼妓は全部で六十三人居る。
妓樓は、朝日樓、新開進樓、夢の家、相生樓、松竹樓、幸樓、月見樓、千歳樓、大岩棲、大紋樓、魚付樓、昭和樓、開華樓、菊水樓、大正樓、好晴樓、明治樓、松鶴樓、一藤樓、稲葉樓、開進樓、初音樓、梅木樓、友聲樓、清月樓、岡猪樓、永樂樓、泉五樓、松月樓、等である。



松ヶ枝遊廓跡の地図



にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy