八重垣遊郭 香川県高松市城東町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース





高松市八重垣遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

高松市八重垣遊廓は香川縣高松市東濱町に在つて讃豫線高松驛から東へ約四丁の個處に在る。

高松市は松平氏の舊城下で內海に臨んだ玉藻城の眺めは、瀬內海航行者を悲道く喜ばせるものの一つである。高松で名所は栗林公園と屋島である。殊に屋島は風光が善く四國第一と云はれて居る。壇の浦は、那須與一扇の的で御馴染であらふ。所謂源平壇の浦の古戦場で平家の全滅した處である。

此遊廓は明治元年頃に創立されたもので貸座敷は目下三十四軒あつて、娼妓は百八十人居るが、大阪府及中國地方の女が多い。店は陰店を張つて居て、娼妓は全部居稼ぎ制である。遊興は時間制又は仕切花制で、費用は、一時間遊びが一圓五十錢、金晝が八圓、全夜一泊も八圓で、税は一割である。臺の物は附かない。二枚艦札の女が居るので、藝妓は居ない。

妓樓は、幸松樓、晩松樓、松竹、久富、松久、旭樓、新月、久栄樓、末廣、松一、松の家、橋本樓、新入船、國米樓、初日亭、松ヶ枝、芳山、敷島樓、菊水、東樓、竹の家、香月、一の谷、三龜、岩喜樓、鳥羽家、松鶴樓、福富、開勢樓、花の家、玉の家、新幸樓、大和、一力、等である。



八重垣遊廓跡の地図

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy