古川町遊廓 宮城県大崎市古川東町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里



登米遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
古川町
古川町は宮城縣志出郡古川町字役場前に在って、陸羽東線陸前古川駅で下車すれば北へ約四丁、乗合自動車で役場前に下車すれば直ぐである。
古川は元古川刑部氏の城下で、養蚕業盛んな爲めに製糸の取引が多い。人口は二萬に近い町で、町の國道に沿ふて貸座敷がある。元旅館であったが規則改正と共に旅館業を止め、同時に貸座敷業を開業したもので、純然たる宿場である。當時の飯盛女が其儘今の娼妓に成つた譯である。規則改正前には同業者も三四軒あったが、現在では「小畑樓」がたつた一軒残って居るのみだ。娼妓は五人居る店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制である。客の廻しは取つて居る。本部屋の設備は無い。御定りは四圓四十銭で一泊が出來三時間遊びが三圓三十銭で、何れも御銚子が附く事に成って居る。土地では「さんさ時雨」「おばこ節」等が唄はれて居る。

登米遊廓の地図

※地図のマーカーは、おそらくこの辺りではないか、と推測した場所に打っています。確証はありません。
宮城県大崎市古川東町



登米遊廓関連ブログ

宮城県・古川

登米遊廓関連ツイート

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象