枚方(ひらかた)遊廓(桜新地) 大阪府枚方市桜町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #大正ロマン



枚方(ひらかた)遊廓(桜新地)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
枚方遊廓
枚方町遊廓は大阪府北河内郡枚方町字櫻新地に在って、京阪電鐵枚方驛西口から西北へ約三丁の個處に在る。
民座敷は現在は三十五軒あつて、娼妓は約百十人居る。店は陰店を張って居て、娼妓は少數の居稼ぎが居るのみで、他は全部送り込み花制である。遊興は時間制、又は通し花制で、廻しは絶對に取らない。費用は、朝から晝迄は一圓卅五錢、晝から暮迄は二圓四十竣、暮から十時迄は三圓、十時から十二時迄は一圓五十錢、十二時から翌朝迄は二圓十錢、一時間遊びは一圓三十五錢。と云ふ規定で、臺の物は附かない。藝妓の玉代も右と同じである。
妓樓は、鶴の家、茂壽屋、大芳、東河內屋、玉芳、華屋、奥野樓、丸伊、花月、竹の家、馬野、上田屋、津の國屋、西松月、松屋。

枚方(ひらかた)遊廓(桜新地)の地図

大阪府枚方市桜町



枚方(ひらかた)遊廓(桜新地)関連ブログ

枚方にもあった遊郭!知られざる大人のひらパー「桜新地」跡を訪ねる
桜新地(枚方市)を文化財に ~遊郭跡地は黒歴史ではない~
枚方(枚方公園駅周辺)旧遊廓は、枚方公園駅の西側にありました
枚方(旧枚方新地)旅館玉光の建物は無くなっていました
枚方(検番跡)当時の様子を伝える建物
枚方(TSUTAYA社長宅)名前の由来は祖父がやっていた置屋の屋号
昔の枚方にあった花街【桜町】を歩いてみた!今もなお残る枚方の風景

枚方(ひらかた)遊廓(桜新地)関連ツイート

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象