見付町遊廓 静岡県磐田市見付|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里



見付町遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
見付町遊廓
見付町遊廓は靜岡縣磐田郡見付町に在つて、東海道線中泉驛で下車すれば北へ約十五丁の地點である。驛からは電車及乘合自働車の便があって、何れも十五分とは掛らない。
今でこそ中泉に驛はあるが、昔は見付が東海道の本街道であつた。當時江戸へ上る時は此處で初めて富士の山嶺を見付けるので、見付の臺と云ったものだと云ふ事だ。
此處の遊廓も宿場の飯盛女時代からの遺物で、現在貸座敷が三軒、娼妓は二十五人居る。娼妓は重に三重縣岐阜縣地方の女が多い。店の制度は陰店で寫眞は出て居ない。娼妓は居稼ぎ制で送り込み制では無い。遊興は客の好みに応じて、時間制もやれば廻し制もやる。先づ廻し制と思へば間違ひは無い。本部屋の設備等は勿論無い。其の代り又値も安い。御定りが一圓五十錢である。藝妓の玉代が一時間一圓五十錢で、見付音頭が民謠兼踊と成つて居り、流行唄としては見付行進曲等がある。
妓樓は、山千樓、音羽樓、大榮樓、の三軒である。

見付町遊廓の地図

※場所が全く特定できません。地図のマーカーは、おそらくこの辺りではないか、という地点に一応打っておきます。確証はありません。
静岡県磐田市見付



見付町遊廓関連ブログ

静岡県磐田市見付(旧見付遊廓・通称:田んぼ)

見付町遊廓関連ツイート

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象