草津遊廓(東新地) 滋賀県草津市草津1丁目|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里



草津遊廓(東新地)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
草津町遊廓
草津町遊廓は滋賀縣草津町に在つて、東海道本線草津驛で下車する。
草津は昔から中仙道と東海道との追分として繁華な宿場だつた。今の遊廓は云ふ迄も無く此の宿場の飯盛女が發達したもので今でも中々花街は盛って居る。町の名物は姥ヶ餅で、忠義な姥が、主君の幼君を育て上げる爲めに、苦心惨憺して賣り出したものだと云ふ。鏡の様な琵琶湖を一望の許に見渡し得る所があるので、眺望が至極結構だ。
貸座敷は現在は十軒程あつて、娼妓は約三十人程居る。店は陰店を張って居て、居稼ぎ制、遊興は通し花制で廻しは取らない。費用は一時間遊びが一圓二三十錢、一泊は臺無しで四五圓程度である。

草津遊廓(東新地)の地図

滋賀県草津市草津1丁目



草津遊廓(東新地)関連ブログ

滋賀県草津市にあった遊郭跡「東新地」 – レトロな風景を訪ねて
草津遊廓跡、開盛楼は。。。
草津(東新地遊廓跡地)藤・しだれ柳の分離帯
草津(遊廓跡)当時の妓楼の屋号が残る建物
草津(旧遊廓地の地蔵)奉納額に妓楼の名
草津(遊女の墓)人形浄瑠璃の「冥途の飛脚」のモデル
草津・東新地 – DEEP案内不動産部
草津(滋賀県草津市) | KENTAの写真倉庫

草津遊廓(東新地)関連ツイート

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象