潮来遊廓 茨城県潮来市潮来|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里



潮来遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
潮来遊廓
潮来遊廓は茨城潮來にあつて、水郷地として有名である。随つて船便で行く事を得策とする。佐原から船便で行く時は佐原潮來間は一日數回小蒸汽及モーター船が出る。約一時間、賃卅五錢位である。
土浦から蒸汽船に乘り霞浦を渡って行く時は、土浦−佐原間に乗る。約四時間、賃片道七十八錢、潮來は古くから一種の勧業水郷として有名な處で、江戸時代には船で行く事が一つの型の様になつて居たものであつた。船は真菰の中を走ってギッコンギッコンと水門
から真田浦を経て行くが、週邊にポフラの木がぼんやりと立並んで居る情景は金ぐ言ひ得ない情緒である。此の地は昔奥州から中仙道に通ずる要津に當っていて、磐子又は鉾田から內海に出入する船は悉く此處を出入せねばならなかったので水駅として有名であつた。水戸領となつて水戶下市藤柄の娼家が移されてからは益々殷盛を極め奮幕の頃は妓樓九軒娼妓百餘名居つたさうであるが、元治甲子の乱に遇ひ過半數を灰燼に歸し、更に明治になって常磐線の開通と共に幾分は淋れ、現在では妓樓三軒、娼妓約二十名位となった。店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制である。東京式の廻し制を採つて居る。
費用は玉代が一圓で一泊が出來る。御茶と御菓子及酒の二種あつて各々次の様な割合になつて居る。甲の六圓が本部屋で、酒附五圓も同上、四圓及三圓七十銭、及二圓五十錢は皆本部屋で茶と菓子付、一圓五十錢は割部屋で茶と菓子附である。藝妓は花代一本四十五錢、お酌は卅五錢、一時間二本の勘定、祝儀は大一圓小五十錢位。
潮來民謠「潮來姐やのなげ盃は、親の意見ぢゃ止められぬ」潮來音頭「揃ふた揃たよ、踊子が揃ふた アリアセイ 秋の出穂より好くそろた ションガイ 合唱 よく揃た秋の出穂よりよく揃た ションガイ」

潮来遊廓の地図

茨城県潮来市潮来



潮来遊廓関連資料

潮来の遊郭 千葉の県立博物館

潮来遊廓関連ブログ

茨城「潮来遊廓」かつて”三大遊廓”として賑わった遊廓跡を訪ねて-潮来
関東三大遊郭と呼ばれていたらしい潮来の色里
潮来の遊郭跡は今 – まほらにふく風に乗って
潮来遊廓跡(茨城県潮来市)
潮来遊郭 – DEEP案内不動産部

潮来遊廓関連ツイート

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象