湯田川溫泉遊廓 山形県鶴岡市湯田川甲|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #大正ロマン



湯田川溫泉遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
湯田川溫泉遊廓
湯田川溫泉遊廓は山形縣西田川郡湯田川溫泉場に在って、奥羽西線鶴岡驛から西南へ約二里、驛から乘合自動車の便があつて、往復の賃銀が五十錢である。
散娼制から集娼制に成ったのは、明治四十二年の大火災以後の事である。溫泉場ではあるが、湯治客は重に近郷の人々が多いので、土地の人々は総體に純朴である。貸座敷は目下五軒あつて娼妓は三十五人居り、全部本縣下の女計りである。陰店は張つて居ない。娼妓は居稼ぎ制で送り込みはやらない。客の廻しは取つて居る。費用は御定りが三圓九十銭で、乙が二圓九十錢である。此れには臺の物の代金も含んで居るのだ。娼樓には櫻花樓、場照樓、新清樓、幸至樓、藤澤樓等がある。附近には金峰神社、遊行上人の墓等がある。土地ではおばこ節が盛んだ。

湯田川溫泉遊廓の地図

山形県鶴岡市湯田川甲



湯田川溫泉遊廓関連ブログ

山形県・湯田川温泉 – 花街ノスタルジア

湯田川溫泉遊廓関連ツイート

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

© 2023 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy