桑名遊廓(桑陽園)三重県桑名市本町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ  昭和レトロ雑貨ランキング

桑名遊廓(桑陽園)関連動画



桑名遊廓(桑陽園)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
桑名町遊廓
桑名町遊廓は三重縣桑名郡桑名町本町に在つて、關西線桑名驛で下車すれば東へ約十丁の位置である。電車は本町の終點で下車する。
桑名はもと松平氏の城下で、人口は約三萬五千、米穀及び木材の集散が多く、殊に桑名盆は全國的に有明である。東海道五十三次の一つで、伊勢尾張の海上を渡る旅客は、必らず此の桑名に一旦は足を止めて、此處の飯盛女に旅愁を慰めて貰ったものだった。今の遊廓は其の後身である。「勢州の桑名に過ぎたるものは、金の鳥居に二朱の女郎」と云ふ俚謡が昔から此の土地に在つた樣に、御盆と共に茲の女郎は有名なものであつたらしい。
現在貸座敷が四十二軒あつて、娼妓は約百五十人も居ると云ふ、人口に比して此異常な盛況振を見せて居るのは、一つは港町で船の出入がある事と、商業の盛んな處である事は云ふ迄も無いが、遊廓が一廓に成つて居らないで、繁華な町の満中に宿場と成って頑張つて居る事が最大の原因である。店は寫眞制の家もあれば、陰店を張つて居る家もあつて一定して居ない。娼妓は金部居稼ぎ制で送り込みはやらない。客の好みに応じて時間制もやれば、廻しもやる。別に本部屋と云ふものは無い。費用は一時間一圓四十錢で、一泊は廻しが三四圓で、廻し無しは六七圓程度であらふ。
妓樓は
山水樓 長壽樓 長勢樓 松月 玉屋 桔梗樓 長栄樓 玉田屋 春木屋 水月 川本 桝屋 味岡屋 朝日樓 蛭子樓 和泉樓 清月 新吾妻 山月 老松 つづみ 新村屋 ひさご 梅月 芳の屋 月ヶ瀬 松島 山島 大津屋 新井筒 神音 都 つばめ 新きね 若竹 新気樓 鈴本 新瀬樓 花岡 花月の四十二軒

全国遊廓案内<復刻付録版>

全国遊廓案内<復刻付録版>

1,250円(07/20 18:50時点)
発売日: 2016/02/20
Amazonの情報を掲載しています

桑名遊廓(桑陽園)の地図

三重県桑名市本町



桑名遊廓(桑陽園)関連ブログ

渡船場の遊里 桑名市『桑陽園』 | Nostalgic Landscape
桑名遊郭跡に行ってきました【三重県桑名市】
桑名市 桑陽園 – ぬけられました
【三重県・桑名市】遊里跡を歩く「桑陽園」
三重県桑名市 赤線跡「桑陽園」 – まっきーのさんぽ道
桑名(桑名遊廓跡地)本町通り
遊廓跡地を訪ねて 桑陽園 – テキメモ

全国エロ町案内決定版(昭和27年発行)

全国エロ町案内決定版(昭和27年発行)

渡辺豪
990円(07/20 11:48時点)
発売日: 2018/06/14
Amazonの情報を掲載しています

桑名遊廓(桑陽園)関連ツイート

全国女性街ガイド

全国女性街ガイド

渡辺寛
4,860円(07/21 08:12時点)
発売日: 2016/02/26
Amazonの情報を掲載しています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象