瀬上町遊廓 福島県福島市瀬上町行人堂|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里



瀬上町遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
瀬上町遊廓
瀬上町遊廓は福島縣信夫郡瀬上町に在つて、東北線瀬上駅へ下車して東へ約九丁、福島駅、又は伊達駅で瀬上行に乘替へれば宜しい。
此處の遊廓には目下貸座敷が六軒あつて、娼妓は約四十五人居るが縣下の女が最も多い店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制で送り込み式はやらない。遊興は晝と夜とに成って居て、客の廻しは取つて居る。御定りは晝夜共甲が二圓二十錢、乙は二圓、本部屋は一圓五十錢増しで、甲乙共に臺の物が附く事に成つてゐる。娼樓は、今加樓、備中樓、八幡樓、花月樓、今出樓、普豊樓の六軒である。箱は這入らない。
瀬上節「瀬上街道に白菊植えて、なんの白菊たよりきく」

瀬上町遊廓の地図

福島県福島市瀬上町行人堂



瀬上町遊廓関連ブログ

瀬上(瀬上町遊廓跡)当時の建物が現存しています
瀬上(青柳神社)男上(男根)と女神(女陰)が原型をとどめています
瀬上遊郭 その1

瀬上町遊廓関連ツイート

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象