長久保遊廓 長野県小県郡長和町長久保|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #大正ロマン



長久保遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊廓案内」より
長久保遊廓
長久保遊廓は長野縣小縣郡長久保町字新町に在つて、丸子線丸子驛の南方約二里の地點に當つて居る。丸子驛よりの定期乗合自動車の便があつて、絶えず汽車との連絡が取れて居る。片道自動貨は金五十錢である。
茲は德川幕府參動交代の當初から、中仙道の重要な宿場であつて、其の當時既に各旅館では飯盛女(今の娼妓)を置く事を公許せられて居た場所である。で元は斯樣に宿場であつたものが、目下では町と少々離れた處に移転して、遊廓と成つたものである。同業者は四軒娼妓は十六人居る。店は陰店で、娼妓は居稼ぎ制で、全部東京式の廻し制を採つて居る。従つて遊興費も比較的安価である。即ち御定りは朝から夕方迄が一仕切、夕方から翌朝迄が一仕切で三圓である。此の三圓の中には、御銚子が一本と肴に小物の二三品は付く筈である。而も遊興税の一割も此の中に含んで居るのだ。比較的諄朴で暴利を貪る様な事は無い。茲は三圓ぽつきり持参しても決して不快を感する様な處では無い。藝妓を呼べば玉祝儀共で一時間一圓五十錢の割である。
長久保甚句「長い長久保、なかれとやけど ぬしさん一人は 歸しやせぬ」
妓樓は三つ蔦樓、高篠樓、若松樓、新榮樓の四軒。

長久保遊廓の地図

長野県小県郡長和町長久保
※長久保遊廓に関する情報が全く掴めず、地図のマーカーは一応、旧中山道の「長久保宿」に打っています。上記の「全国遊廓案内」文中では「元は斯樣に宿場であつたものが、目下では町と少々離れた處に移転して、遊廓と成つたものである」とあります。その移転した先が全く分かりません。



長久保遊廓関連ブログ

長久保遊廓関連ツイート

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

© 2023 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy