上諏訪町衣之渡遊廓 長野県諏訪市大手2丁目|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 昭和レトロ雑貨ランキング

上諏訪町衣之渡遊廓関連動画



上諏訪町衣之渡遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊廓案内」より
上諏訪町衣之渡遊廓
上諏訪町衣之渡遊廓は長野縣諏訪郡上諏訪町字衣之渡に在つて、中央線上諏訪驛の南方約三丁の地點に當つて居り、驛からは直通の大通りが貫通して居るので交通としては甚だ便利である。
此の遊廓は明治の初年に初めて設置されたもので、私娼、飯盛女等の進化したものであるとされて居る。
現在娼樓は八軒あつて、娼妓は三十人居る。店は寫眞制と陰店制とあるが寫眞制の店にも陰店はある。他の制度は總て廻し式で所謂東京式である。家に依つては多少の相違はあるが、御定りは點燈から翌朝迄四圓五十錢以下二圓止りで、一寸した撮み物と御銚子が一本着く事に成つて居る。勿論一割の遊興税は此の中に含んで居るのだ。尚此他に一時間遊びと云ふのがあつて、此れに限り廻しは取らない事に成って居る。此の料金は全部で一圓五十錢であるが、其の代り、臺の物は一切付かない事に成って居る。此の遊廓は比較的都曾人が出入して居るにも拘らず、諄朴で暴利を貪る様な事は無いらしい。娼妓は一枚鑑札ではあるが、大抵土地っ子が多いので、岡谷小唄、スケート節、伊那節、木曾節等の一くさり位は口づさむ筈である。町には藝妓も居るので呼ぶ事が出來る。大藝妓一時間玉代一圓、小藝妓一時間玉代七十錢である。
木曾節「木曾の御嶽夏でも寒い 袷やり度や 足袋添へて」
スケート節「諏訪のスケート、手に手を取りて オシの番か ぬれにちよう」
妓樓は、牡丹樓、高島樓、風来樓、新鳳来樓、日埜出樓、長登樓、新泉樓、旭樓の八軒。

全国遊廓案内<復刻付録版>

全国遊廓案内<復刻付録版>

1,250円(07/20 18:50時点)
発売日: 2016/02/20
Amazonの情報を掲載しています

上諏訪町衣之渡遊廓の地図

長野県諏訪市大手2丁目



上諏訪町衣之渡遊廓関連ブログ

諏訪大社と花火大会で有名な諏訪湖のそばにはその昔遊廓がありました
長野県・上諏訪
上諏訪(衣之渡川)河口まで歩くと諏訪湖です
上諏訪(衣乃渡遊廓跡地)未舗装の不整形な広場
上諏訪(大手花街跡)大踏切を渡ると花街でした
上諏訪(大手見番)邦楽教室として営業中です
上諏訪(フランス座)温泉地のストリップ劇場
衣之渡遊郭跡のお稲荷さん(諏訪市)

全国女性街ガイド

全国女性街ガイド

渡辺寛
4,860円(07/21 08:12時点)
発売日: 2016/02/26
Amazonの情報を掲載しています

上諏訪町衣之渡遊廓関連ツイート

色街百景: 定本・赤線跡を歩く

色街百景: 定本・赤線跡を歩く

木村 聡
2,500円(07/20 19:27時点)
Amazonの情報を掲載しています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象