若津弥生町遊廓 福岡県大川市向島|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里



若津弥生町遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
若津町彌生町遊廓
若津町彌生町遊廓は福岡縣三渚郡大川町字彌生町に在つて、鹿児島線久留米驛、又は矢部川驛、長崎線佐賀驛、何れの驛で下車しても宜しい、何れの驛からも乗合自動車の便がある。
寶暦年間に、時の領主有馬豊光氏が、領内の犬塚にあった遊廓を、當若津に移轉せしめた時に始まつて、現在に至つたもので、目下貸座敷は十八軒あり、娼妓は百卅人居る。店は陰店を張つて居て、娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制と通し花とあつて、廻しは取らない。費用は甲が六圓で、乙は五圓である。何れも臺の物が附いて来る。
妓樓は、大川、一樂、満金、文盛、松鶴、若松、筑紫、玉國、千年、新盛、喜樂、眞川、快心、梅月、開化、一力、青木、丸八、の十八軒。
藝妓の玉代は一時間一圓。
「大川名物長持タンス、何處の嫁女の道具やら、若い大工さんの血は躍る」
「飲みに行くなら彌生町の廓、三味や太鼓で花宗踊、酔ふた心地が百薬の長」

若津弥生町遊廓の地図

福岡県大川市向島



若津弥生町遊廓関連ニュース

遊郭「旧筑紫亭」存続の危機 大川で唯一現存 市議ら保存目指し初の見学会
【花宗川の詩 八女筑後大木大川】(12)若津港 時代の流れとともに

若津弥生町遊廓関連ブログ

若津町弥生町遊郭 – DEEP案内不動産部
若津町弥生町遊郭
大川(遊廓跡)旧「筑紫亭」
福岡・大川若津の町並み

若津弥生町遊廓関連ツイート

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象