馬場遊廓 福岡県北九州市門司区東本町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #大正ロマン



馬場遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
門司市馬場遊廓
門司市馬場遊廓は顧岡縣門司市內本町四丁目に在って、九州本線門司驛で下車すれば東へ約十丁の地點である。
門司港は神宮皇后が三韓征伐の時に兵船を出した處で、和布刈神社には其の由緒が傳へられてある。然し門司港の發展し出したのは極最近で、横濱や神戶等よりも更らに更らに新らしい。門司は九州の門戶であり、九州鐵道の起點であつて、横濱神戸に次ぐ大貿易港である。門司をして斯く迄發達せしめたものは、其の位置の重要な事と、港湾の良好な事と、石炭の輸出港であつた爲めである。現在此の遊廓には貸座敷が十五軒あつて、娼妓が約百五十人居る。店は陰店を張つて居て、娼妓は全部居稼ぎ制である。送り込み制はやらない。時間制で廻しは絶對に取らない。御定りは甲八圓、乙六圓、丙四圓で一泊が出来る。外に一時間遊びは二圓三十錢である。藝妓を呼べば一時間の玉代が一圓十二錢。
妓樓は、第一遊喜樓、一楽亭、月見樓、みどり、文珠樓、梅の家、明月、吉の家、玉家、進華樓、第一玉川樓、玉翠樓、松月樓、集楽樓、鶴の家等である。

馬場遊廓の地図

福岡県北九州市門司区東本町



馬場遊廓関連ブログ

北九州市 門司区 : 馬場遊廓とその周辺 その1
北九州市 門司区 : 馬場遊廓とその周辺 その2
【門司港散策】かつて馬場遊郭があった場所をたずねて
門司(馬場遊廓跡)東本町
門司港散策(1):馬場遊郭跡,三宜楼周辺の建築を見る。
福岡・北九州 関門ノスタルジックな花街の街・門司の栄華を語るぶらぶら歩き旅ー3
【遊廓跡を訪ねて】 福岡県北九州市門司区門司港
北九州 門司港
北九州市門司区東本町の町並み-福岡県北九州市門司区

馬場遊廓関連ツイート

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象