掛川町遊廓(十九首遊郭) 静岡県掛川市小鷹町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 昭和レトロ雑貨ランキング

掛川町遊廓(十九首遊郭)関連動画

掛川町遊廓(十九首遊郭)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
掛川町遊廓
掛川町遊廓は靜岡縣掛川町字十九首に在って、東海道本線掛川驛へ下車して西へ約七丁、驛から乗合自動車を利用すれば賃十錢である。
掛川も五十三次の一つで、町の後方には無間山觀音寺と云ふ寺が在って、無間の鐘と云ふ有名な鐘がある。此の鐘を撞けば此世では無限の富を得られるが、死後は無間地獄に落されると云ふ傳説がある。「梅ケ枝の手水鉢」と云ふ趣向は此れから出たものだと云ふ事だ。
目下貸座敷はあつて、娼妓は二十五人居るが、静岡縣の女が最も多い。店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎである、廻し制ではあるが、好みに依れば通し花にも応じて居る。費用は一仕切が一圓六十錢で、本部屋は五十錢増しである。臺の物は附かない。
妓樓は、喜樂樓、鈴本樓、新鈴本樓、千歳樓、岡村樓の五軒である。箱は這入らない。
掛川音頭「糸かけて、つぐり織込む葛のはた。さらす乙女の手もなつかしい。夫婦仲よくきぬたうつトントントン」
名産の葛布を唄ったものである。

全国遊廓案内<復刻付録版>

全国遊廓案内<復刻付録版>

1,250円(07/20 18:50時点)
発売日: 2016/02/20
Amazonの情報を掲載しています

掛川町遊廓(十九首遊郭)の地図

静岡県掛川市小鷹町



掛川町遊廓(十九首遊郭)関連ブログ

東海道掛川宿・旧掛川町遊郭の現存妓楼「萩の家旅館」のあばら家っぷりを一目見たかった
掛川 十九首
掛川市 萩の家旅館を見てきた

掛川町遊廓(十九首遊郭)関連ツイート

売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ

売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ

高木 瑞穂
1,672円(07/20 15:38時点)
Amazonの情報を掲載しています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象