二葉遊廓 静岡県浜松市中区鴨江|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 昭和レトロ雑貨ランキング

二葉遊廓関連動画



二葉遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
濱松市二葉遊廓
濱松市二葉遊廓は靜岡縣濱松市鴨江町に在って、東海道線濱松驛で下車すれば西へ約十丁の位置である。驛から乗合自動車の便があつて廓大門前で下車すれば宜しい。
濱松市は天龍川と濱名湖との中間に在って、人口約七萬、茶、樂器、濱納豆等の産地である。家康が武田氏と三方ケ原で戦って、敗戦し、軍を退いたのが市の北端に在る此の濱松城跡であつた。濱松は其の名に相應はしい松の都で、さざんさの松、家康鎧掛の松、音羽の松、白山の松、五社の松、御胞衣の松、琴掛の松等の名松がある。大正十一年十一月、現在の遊廓に移転する迄は、昔のままの宿場気分を國道筋に漂はして居たものだったが、現在では全部寫眞式の遊廓に改められて終った。
目下貸座敷が二十二軒あつて、娼妓は約三百人居る。此處の組合には面白い規定があつて直接従業者は全部女性でなければならぬ事に成つて居るので、完くの今「女護ヶ島」を形成つて居る事だ。
娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。客の好みに応じて時間制もやれば廻し制もやつて居る。一時間遊びは甲二圓、乙一圓八十錢、丙一圓六十錢、御定り廻しは一泊三圓八十錢、大引は午前二時から一泊廻し無し四圓二十錢である。藝妓の玉代は一時間一圓四十錢。此處には二葉音頭と云ふ踊りがあつて、娼妓が唄ひ、且つ弾き、且つ踊るのである。
「春の錦を二葉の里に 柳さくらの色くらべ 粋なこころの花盛り よいよいよいよいよいやさ」
「秋はまたよい二葉の廓 月夜からすが來るわいな 今も長者の聲がする よいよいよいよいよいやさ」
妓樓は、豊本樓、寶來樓、西野屋、椛屋、たからや、立花屋、駿河屋、駒屋、古清水、川崎樓、よねや、共榮樓、澤潟屋、島屋、紙屋、米米樓、美奈茂登樓、池田家、古清水支店、大阪樓、金波樓、甲州樓等である。

全国遊廓案内<復刻付録版>

全国遊廓案内<復刻付録版>

1,250円(07/20 18:50時点)
発売日: 2016/02/20
Amazonの情報を掲載しています

二葉遊廓の地図

静岡県浜松市中区鴨江



二葉遊廓関連ブログ

浜松の遊里「二葉遊郭跡」を訪ねて – Nostalgic Landscape
静岡県浜松市にかつてあった「二葉遊郭」の物語を調査してみた!
浜松(二葉遊廓跡)高台に遊廓地を造成
浜松(二葉園跡)裏木戸
浜松に存在した遊郭の跡地に行ったら、隣の隣の市まで行くことになった件
静岡県浜松市「巴湯」と二葉遊郭跡を訪れる
浜松二葉遊郭跡(鴨江旅館街)と各種廃墟など・東海道遊郭跡、赤線跡、廃墟巡り18きっぷ旅(東海道中膝脛毛10)

全国女性街ガイド

全国女性街ガイド

渡辺寛
4,860円(07/21 08:12時点)
発売日: 2016/02/26
Amazonの情報を掲載しています

二葉遊廓関連ツイート

消えた赤線放浪記 その色町の今は…… (ちくま文庫 き 14-2)

消えた赤線放浪記 その色町の今は…… (ちくま文庫 き 14-2)

木村 聡
1,210円(07/21 09:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

色街百景: 定本・赤線跡を歩く

色街百景: 定本・赤線跡を歩く

木村 聡
2,500円(07/20 19:27時点)
Amazonの情報を掲載しています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)
Amazon プライム対象