小樽南仲遊廓(南廓)北海道小樽市松ケ枝 |全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #遊里



小樽南仲遊廓(南廓)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊廓案内」より
小樽南仲遊廓
小樽南仲遊廓は小樽市京町に在って、小樽は中央小樽驛から西南へ約十二三丁の地點に在り、タクシーは一圓である。
小樽は安政の頃迄は一小魚村に過ぎなかったが、北海拓殖の発展に伴って繁昌し、地の利と築港と相俟って今では大函館市と肩を並べて居る勢だ。高等商業學校があり、水産試験所があり、小樽、中央小樽、小樽築港の三驛を所有して居る。手宮には今から約千二百六十前に、土耳其人の建てた靺鞨語文の珍らしい碑がある。遊廓も南廓の外に北廓もある。
此の南廓には目下貸座敷が九軒あつて娼妓は約五十人居るが、重に青森縣、山形縣、秋田縣地方の女が多い。店は寫眞式で陰店は張つて無い。娼妓は居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は廻し制で通し花は取らない。費用は御定りが甲四圓(本部屋)で、乙は三圓、丙は二圓五十銭である。各臺の物が附いて一泊が出来る。娼樓には、鯉川樓、全盛樓、加陽樓、松金樓、三龜樓、長明樓、山一樓、北越樓、旭樓等。

※管理人注釈
※小樽市には「北廓」と「南廓」があったそうです。小樽南仲遊廓が「南廓」と推察します。
以下の「小樽遊廓史 関西学院大学 現代民俗学 島村恭則研究室 」に詳しく書かれています。

以下抜粋
第3章 南廓
この松ヶ枝町の遊廓が「南廓」、対して梅ヶ枝町の遊廓は「北廓」とも呼ばれる。
大門を抜けると、手前から順に、柳町、京町、仲町、弁天町、羽衣町と名付けられる町が存在し、これは江戸・吉原にも京町、仲町の名があるので、吉原になぞらえたものだといわれる。

https://shimamukwansei.hatenablog.com/entry/20100205/1265356430

※上記「全国遊廓案内」文中の「小樽南仲遊廓は小樽市京町に在って」が、「小樽遊廓史」文中の「手前から順に、柳町、京町、仲町、弁天町、羽衣町と名付けられる町が存在し」と合致します。

小樽南仲遊廓(南廓)の地図

北海道小樽市松ケ枝



小樽南仲遊廓(南廓)関連ブログ

小樽遊廓史
入船町と松ヶ枝町の境の交差点の一角にあった古い街灯。ここは大門湯のあった場所

小樽南仲遊廓(南廓)関連ツイート

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ  昭和レトロ雑貨ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

©酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ)