三庄町浪花遊廓 広島県尾道市因島三庄町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #大正ロマン



三庄町浪花遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
三庄町浪花遊廓
三庄町浪花遊廓は廣島縣御調郡三庄町字浪花町に在って、山陽線尾ノ道驛(尾ノ道港)から因島三庄町への發動機船へ乗つて海上五浬の地點に在る。発動機船は一日数回宛の定期便船があるから便利だ。瀬戸內海勝地の一たる尾ノ道瀬戸を通って行くのであるから、途中の景色は又格別だ。三庄町も勝地の一つで避寒地として知られて居る。三庄町には株式会社大阪鐵工所因島工場があつて、遊廓は大正八年に新設されたものである。
貸座敷は目下六軒あって娼妓は五十人居る。店は寫眞制で、娼妓は大阪式の送り込み制である。遊興は時と通し花制で、廻しは取らない。費用は御定り一泊が六圓で、一時間遊びが一圓五十錢である。
揚屋(貸座敷)には喜楽樓、二葉樓、大勝樓、笑楽樓、いろは樓、梅川樓等がある。

三庄町浪花遊廓は、広島県福山市出身の作家、井伏鱒二が早稲田大学三回生の時、教授と衝突し、休学。
中学時代の恩師の仲介を受け、因島三庄町千守の土井医院2階へ逗留。
この時期、井伏鱒二は浪花遊廓の芸者を連れてよく村中を歩いていたとか。
三庄町は、昔はたいそう栄えていたそうで、以下の資料にそれを裏付ける記述があります。

「井伏鱒二と大正末年の因島・御調郡三庄町」

※あまりにも情報がなく、場所はあくまでも推測に過ぎません。

三庄町浪花遊廓の地図

広島県尾道市因島三庄町



三庄町浪花遊廓関連ブログ

三庄町浪花遊廓関連ツイート

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

© 2023 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy