竹原町遊廓(明神町遊廓含む)広島県竹原市|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #大正ロマン



※竹原市には3つの遊廓(榎町、新町、明神)があったそうです。「全国遊郭案内」には、このうちの「明神遊廓」が記されています。榎町、新町の二つは、現在の本町三丁目、「たけはら町街並み保存地区」の辺りだそうです。
もし詳しい方がいらっしゃれば、コメント欄で教えて下さい。
※広島県豊田郡(現在の竹原市忠海地区)に存在した「忠海町遊廓」については「忠海町遊廓 広島県竹原市忠海中町」をどうぞ。

竹原町遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
竹原町遊廓
竹原町遊廓は鹿島縣賀茂郡竹原町字明神町に在つて、山陽線本郷驛で下車すれば南へ約三里半、乗合自動車で竹原へ行けば賃一圓二十錢である。
竹原港は瀬戸内海に面した港町で、風景の善い慮、又日本一の大詩人頼山陽の出生地として有名である。貸座敷は目下八軒あつて娼妓は百二十五人居るが、殆んど編岡縣の女が大多數を占めて居る。娼妓は全部居稼ぎ制で、送り込みはやらない。遊興は通し花制で廻しは取らない。御定りは甲五圓乙四圓で、一泊が出來るけれども、臺の物は別勘定である。此の外に短時間遊びもあつて二圓位である。
娼樓は申かい樓、日之出樓、いろは樓、常盤樓、朝日樓、一心樓、入船樓、明月樓等である。

竹原町遊廓の地図

広島県竹原市本町3丁目

「明神遊廓」辺り
広島県竹原市竹原町



竹原町遊廓関連ブログ

竹原(竹原遊廓跡)江戸時代は港でした
塩と酒とマッサンの街。安芸の小京都・竹原を往く
「明神町遊廓」についてのブログ
竹原明神の街並み(広島県竹原市)
竹原市の竹原町遊廓跡について(その1)
竹原市の竹原町遊廓跡について(その2)
竹原明神町遊郭@竹原市、広島県(西日本遊廓・赤線・廃墟18きっぷ旅2019冬11)

竹原町遊廓関連ツイート

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

© 2023 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy