音戸町遊廓 広島県呉市音戸町鰯浜|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログSNSデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #大正ロマン



音戸町遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
音戸町遊廓は廣島縣安藝郡郡倉橋島音戸町字音戸町に在つて、山陽呉線吳驛で下車し音戶行きの小蒸気船に乘れば海上四十分賃二十錢。廣島から行けば海上一時間半賃四十錢。
倉橋島は元一地峡を為して本州と續いて居たものを、平清盛が海運の便を計るめに開墾したもので、瀬戸の峡い事に於ては日本一である。従つて潮流の速い事も日本一で「船頭かはいや音頭が瀬戸で、一丈五尺の櫓がしわる」と云ふ船頭唄が土地に在ると云ふ通りだ。音戶には平清盛の塚があって、此の邊一帯が瀬戸內海での勝地と成って居る。鏡の様な海面に浮ぶ大小様々な島々をうつとりと眺め乍ら、呉廣島邊からも態々船で此處の遊廓迄遠征にやつて來る人も多い。昔は關西に於ける六大港の一つだつたので、船で旅行する人は必ず茲に休んだものだつた。従って遊女も餘程昔から居たものらしいが、時代は判明して居ない。遊廓制に成ったのは明治三十八年で、現在貸座敷が八軒あり、娼妓は八十五人居る。福岡縣、熊本縣の女が多い。店は寫眞式で陰店は張って無い。娼妓は居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は通し花制で廻しは取らない。費用は午後六時から翌朝七時迄の一泊が五圓で、短時間(一時間)遊びが二圓五十錢である。臺の物は含んで居ない。
娼樓には第二大黒樓、高瀬棲、溝月樓、久保樓、常盤樓、田中樓、壽樓、大正樓等がある。

音戸町遊廓の地図

広島県呉市音戸町鰯浜



音戸町遊廓関連ブログ

ループ橋に魅せられて。シーサイド古い町並み「音戸町」を往く
呉市音戸町遊廓跡に残る紀念碑
旧桜湯/音戸遊廓跡(呉市音戸)

音戸町遊廓関連ツイート

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

© 2023 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy