吾妻遊廓(東田遊廓) 愛知県豊橋市東田仲の町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース #遊郭 #花街 #赤線 #昭和レトロ #大正ロマン




吾妻遊廓(東田遊廓)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
豊橋市吾妻遊廓
豊橋市吾妻遊廓は愛知縣豊橋市東田町に在つて、東海道線豊橋驛で下車すれば東へ約二十丁、驛から乗合自動車で「東田」へ下車すると直ぐである賃十錢。
豊橋は松平氏の城下で、城址は今師團司令部に成って居る。附返には鳥居強右衛門で有名な長篠の古戰場、信玄が月夜短笛に酔ふて銃傷を負った野田城址、砥鹿神社、鳳来寺山、豊川稲荷等がある。殊に豊川稲荷は當代の流行神で、各地からの團體參詣が多い。東京赤坂見附の豊川稲荷は茲の分祠である。
豊橋を中古には今橋と云ひ、徳川時代には吉田と云つた。豊橋に成ったのは明治に成つてからの事である。
「吉田通れば二階から招く、しかも鹿の子の振袖が」
と云ふ唄が土地で昔から唄はれて居る様に、豊橋は昔から遊女町として名高い處文けに今も仲々盛んである。宿場から遊廓に成ったのは明治四十三年十月一日であるが、現在は貸座敷が五十六軒あつて娼妓は四百九十五人居る。群馬、埼玉、東京、愛知等の女が多い。店は寫眞制の家と陰店を張つて居る家とがあつて區々である。娼妓は全部居稼ぎ制で、遊廓は客の好みに應じて通し花もやれば廻しにも応じて居る。費用は廻しの一泊は二圓五十錢以上五圓位迄あり、通し花は五六圓から十二三圓位迄もある。臺の物は時下相場の事。尚此のの外に短時間遊びは一圓三十錢である。
妓樓には西寶光、豊田、楽招福、豊、富永、山本、小石、鹿島、一色、石黒、春本、大文字、山勢、新竹、立花、大垣、松月、美和里、新松月、松房、大丸、戰捷、寶光、入船、山村支店、山村、松岡、長壽、末廣、一廣、登幸又、金波、松見、景貴、第二井吹、山口、鋪、花菱、新井吹、いろは、角海老、新豊本、本家角海老、稲岡、泉木、寶船、勝太、松島、明開、井吹、井吹支店、貴穂、吉野、鹿島支店、丸六、豊坂等がある。

稲永遊廓の地図



吾妻遊廓(東田遊廓)関連ブログ

東田遊郭跡に行ってきました①【愛知県豊橋市】
吾妻・東田遊郭
豊橋の赤線跡・わずか5年で役目を終えた東田園跡
豊橋 東田園
豊橋市・東田遊郭跡
2018.01.28 豊橋②(東田遊郭跡)
吾妻遊郭跡地にあるレトロな飲食店「音羽屋」
豊橋市『東田園』跡を訪ねて – Nostalgic Landscape

吾妻遊廓(東田遊廓)関連ツイート

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy