新浜遊廓(宮津遊廓) 京都府宮津市新浜|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース





新浜遊廓(宮津遊廓)遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より
宮津遊廓
宮津遊廓は京都府與謝郡宮津町字新濱に在って、舞鶴宮津線宮津驛で下車すれば北へ約五丁の地點に在る。
宮津町は舞鶴湾に面した港町で、昔から遊廓の發展して居た土地であつた。即ち安政元年には既に当時の國主から許可を得て今の新濱町に遊廓を形成して居たものであつた。然し慶應二年には此の新濱遊廓が萬年遊廓へ合併を命ぜられて、萬年新地へ移轉したものであつたが、明治十一年には再び新濱遊廓が許可せられ、萬年新地は全廃を命ぜられ全部新濱へ移轉して今日に至ったものである。
現在貸座敷は五十九軒あつて、娼妓は八十四人居る。藝妓も五六十人は居るらしい。店は陰店式で寫真は出して置かない。娼妓は送り込み制で居稼ぎ制では無い。遊興は時間制だから廻しは取らない。費用は一時間が一圓三十五銭、一泊は六七圓見当である。
地唄としては丹後節がある。
「二度と行くまい丹後の宮津、縞の財布が空となる」「丹後の宮津デビントダシタ、縞の財布が思ひの種で、二度行くまいとて三度行った丹後の宮津デビントダシタ」
主なる妓樓は出雲樓、丸十、黒田、豊亭、春花、いろは、花菱、松葉樓、松島家、梅の家、米利、岡本、田宮

新浜遊廓(宮津遊廓)の地図



新浜遊廓(宮津遊廓)関連ブログ

宮津 新浜遊郭 – ぬけられました
新浜遊廓 | ひぃちゃんのブログ

新浜遊廓(宮津遊廓)関連ツイート

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy