白河町遊廓 福島県白河市向新蔵|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース



白河町遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

白河町遊廓
白河町遊廓は福島縣白河町に在つて、東北本線白河駅で下車する。
白河は阿部氏の舊城下で、寛政の頃には松平樂翁(白河樂翁)公が治められたので、種々な事蹟が残っている。人口は約二萬、城址は阿武隈川に望んで眺望がよい。戊辰の役には、会津兵が據つて大いに官軍を悩ました處だ。有名な白川の関所跡は、約二里程南へ行った所に在る。其の處には白河神社もある。古い歴史を持つた土地丈けに、遊女屋も可成古くから在つたものらしいが判明して居ない。目下貸座敷が十四軒あつて、娼妓は約七十人居る。店は陰店を張って居て全部居稼ぎ制だ。勿論廻し花は取つて居る。費用は御定りが二圓五十錢、三圓、三圓五十錢等あつて、臺附きである。三圓五十錢は本部屋だ。一泊も出来る。

白河町遊廓の地図



白河町遊廓関連ブログ

赤線跡を訪ねる・・・(白河町遊郭)と百名城「白河小峰城」
白河遊廓跡の朝@福島(2017夏・北海道・東日本遊廓・赤線巡り鉄旅15)

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy