横濱真金町遊廓(永真遊廓) 神奈川県横浜市南区真金町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース






横濱真金町遊廓(永真遊廓)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

横濱真金町遊廓
横濱真金町遊廓は神奈川縣横濱市真金町に在つて、東海道横濱駅から東へ約十丁、市電は足曳町又は横濱橋で下車する。
横濱は安政年間、幕府と米國全權ハルリス氏とが、最初に通商條約を結んだ地として、永久に忘るる事の出來ない地である。共れを永久に記念せんが爲めに、野毛山の丘上には井伊掃部頭直輔の銅像が建つて居る。復興の新裝成つた大横濱市は真に堂々たるもので、伊勢佐木町及其附近は東京の銀座界隈よりも遙かに善い處がある。人口は既に五十萬を數へ、六大都市の一つに數へられて居る。昭和三年の貿易總額は十三億五千萬圓で、神戶港の次位である。真金町の遊女で、名は忘れたがペルリが入港してから間も無くの事だつたらう。未だ外人の珍らしかった當時、ある富豪の米人が其の花魁を買ひ度いと申込んだ、けれ共花魁は何うしても応じない。內所では高い金に成る事だから是非出ろとすすめる。內所には義理がある。さればとて外人の爲めに踏みにじらるる、氣には何うしても成れなかった。其れで彼女は決心した「露をだに、厭ふやまとの、女郎花降るアメリカに、袖はぬらさじ」と云ふ一首を辞世として、大和撫子の最後の気焔を揚げつつ自殺した遊女が居た。何れにしても開港と真金町とは、甚だ浅からぬ關係に在ったものである事は事実である。目下は貸座敷が五十九軒あつて娼妓は約五百人居るが、福島、山形、千葉、茨城地方の女が多い。店は寫眞店であり乍ら陰店を張ってある。娼妓は居稼ぎ制、遊興は全部廻し花制である。費用は一時間遊びが一圓ニ三十錢、御定りは二圓五十錢位で臺無し、本部屋は四五圓からで臺の物附きである。名所としては野毛山、阜頭、三溪園等である。

横濱真金町遊廓(永真遊廓)関連画像

横濱真金町遊廓(永真遊廓)の地図



横濱真金町遊廓(永真遊廓)関連ブログ

神奈川県真金町に存在していた「永真遊郭跡」を再度再び調査してみた!
横浜有数の歴史ある南区真金町の遊郭街のありし日の姿とは?
横浜赤線地帯 永楽町・真金町「永真遊郭」跡 (1)
横浜 永真遊郭跡を歩く[1] – Nostalgic Landscape

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy