川崎遊廓 神奈川県川崎市南町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース



川崎遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

川崎遊廓は神奈川縣川崎市南町に在つて、東海道線川崎駅下車、東南へ約拾丁の地點に在る遊廓である。遊廓の傍には京濱電車の停留場もあり、又乘合自動車の便もある。
元東海道五十三次中の宿場女郎であったものが、明治三十七年に現在の遊廓指定地へ移轉したものである。震災前迄は張店で娼妓は皆長い煙管を喰へて居たるのであるが、今日では全部陰店に成って終った。娼妓は居稼制であり、廻し制度であつて、純粋の東京式であるが、御定り甲五圓、乙三圓五十錢、丙二圓五十錢と云ふ組合の規定は、東京より寧ろ高價い位であるけれ共、御銚子一本に肴小物が付くので結局安上りかも知れない本部屋の設備は無く全部廻し部屋計りである。遊興税は一圓に付金七錢である。東京及横濱の過剰人口がどしどし川崎に移住して、工場が建ち会社が建ち、忽ちにして市政が施かれる程の大繁昌を來した所謂新興の大市邑である丈けに、遊廓方面る可成り繁華を見せて居る。現在の人口約十萬に對して、貸座敷が拾九郎、娼妓約百九十人は少々過剰の傾向があるにも拘らず、其れを難無くこなし行く處に新興の氣鋭が覗はれる。尤も客の二三分通り迄は東京及横濱の好事家であると云ふ噂である。
藝妓を揚ぐれば二時間一座敷金三圓である。妓樓は高塚、玉木や、藤や、荒井や、三浦や、常多樓、金波樓、新高樓、吉田樓、新相模、新三浦、森大と樓、金高樓、太田や、勢州樓、三好樓、清勝樓、三日月樓、一力樓の十九軒である。附近には川崎の大師があり鶴見の總持寺があり、花月園がある。

延岡町岡富遊廓の地図



川崎遊廓関連ブログ

かつて神奈川県川崎市にあった「川崎遊郭」の歴史を掘り下げてみた!
【川崎国の闇】川崎遊郭から赤線地帯とアウトローの街へ…川崎市川崎区「南町」を歩く
川崎南町を歩く 川崎遊郭の残り香を求めて

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy