連歌町遊廓 福岡県北九州市若松区|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース



連歌町遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

若松市連歌町遊廓
若松市連歌町遊廓は福岡縣若松市連歌町に在つて、筑豊線若松驛で下車すれば北へ約六丁の地點である。
若松は筑豊線の起點で、人口約八萬、門司を凌ぐ石炭出港である。若松の生命は石炭である。いや若松其者が既に石炭の為めに生れた市だ。寛延元年に筑豊炭が發見されてからの歴史は可成古いものであつて、此石炭が土臺と成って出來た大工場は数多くある。石炭を輸出する帆船が常に數千隻宛も碇泊して居る壮観は實に東洋一だと云ふ事だ。此處の遊廓は明治三十四年六月十六日に許可されたものであるが、其の前身は私娼及び宿場女郎であつた。
現在貸座敷が十軒あつて、娼妓は約百十人居る。店は陰店式に成って居て寫真は出して無い。娼妓は居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は時間制で廻しは取らない。御定りは臺五圓、夜六圓と云ふ事に成つては居るが、四圓でも三圓でも揚げる。一泊するには何うしても七圓及至八圓は掛ると思はねばならない。
此處には船頭小唄と云ふのがある。
「船頭小唄に港は暮れて月に墨絵の高塔山」
「主は若松わしや姫小松ぬれて色ます女夫松」
妓樓は、明月樓、第一いろは樓、福柳樓、若戎樓、若薬樓、松月、福壽樓、大吉樓、大正樓、第二いろは樓、等。

連歌町遊廓の地図



連歌町遊廓関連ブログ

若松(連歌町遊廓跡地)現在は商店街
福岡・若松旧連歌町を歩く
若松の連歌町遊郭跡を歩く
石炭積出港だった北九州「若松」の寂れた街並み、連歌町遊郭跡と赤線跡を求めて
北九州市若松区 鹿児島本線が唯一通らなかった、旧若松市中心部の悲惨すぎる現状。
【赤線と戦後ドサクサ】北九州市若松区、消えゆく旧連歌町遊郭・赤線跡とバラック長屋。さらに現役の・・【なんでもあり】(1)
北九州若松 連歌町
連歌町遊廓跡周辺、大黒市場、共栄市場等@若松、北九州1(九州の古い街並み・歓楽街、遊廓、赤・青線06)

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 



© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy