今里新地 大阪府大阪市生野区新今里|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース

ウィキペディア Wikipedia
今里新地は、1930年(昭和5年)12月に大軌今里駅周辺の土地を開墾した上で「芸妓居住指定地」として開設され、大阪市内の芸妓や業者らが移住して営業開始した[1]。
しかし、第二次世界大戦後は赤線に移行し、松島や飛田に次ぐ売春地帯となり、1958年(昭和33年)の売春防止法施行により、遊廓としての今里新地は終焉した[1]。現在も「料亭」の鑑札を掲げて営業している店舗があるが、近年は韓国系の住人や業者が進出して朝鮮料理店が増えはじめ、コリア・タウン化している。



今里新地の地図



今里新地関連ブログ

大阪の色街・今里新地はいま
ディープ大阪1108 「旧遊郭があった街・今里新地」  ~今里・大阪~
【大阪民国】裏コリアンタウンとなった今里新地【遊廓】
大阪市生野区・韓国人街とちょんの間料亭が入り交じる「今里新地」がどれだけヤバイか説明する
【犬も歩けば】大阪五大新地の一角を担う「今里新地」も今は朝鮮人だらけ!カオスな色街を散歩する。【ハングル看板】(1)
【大阪市】大阪五新地を歩く「今里新地」

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy