柏崎遊廓(新花町遊廓) 新潟県柏崎市|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース



柏崎遊廓(新花町遊廓)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

柏崎遊廓
柏崎遊廓は新潟縣刈羽郡柏崎町字新花町に在つて、信越線柏崎驛で下車すれば東北約十五丁の處である。乗合自動車の便があるので甚だ便利である。乘合は諏訪町三丁目で下車すれば宜しい。一人貨十錢。一臺貸切でも金五十錢である。
柏崎は人口約三萬、石油の都市として有名な處である、日本石油會社の製油所を初めとして、大小の石油工場と、麻眞田の工場が多い。工場が多い丈けに遊廓も仲々発展して居る。大柏崎として市政の施かれるのも近い將來にある事だらう。茲の遊廓は天保年間に驛馬宿を開かれた時に始まって、明暦の頃には既に同業者が五軒あつた。勿論其當時は宿場として散在して居たのであつたが、明治四十四年の大火に類焼したので、縣令に依って柏崎本町から現在の新花街へ移転したものである。
現在貸座敷が二十軒あつて、娼妓が約六十人居る。同縣の女が多いので、美人系の通つて居る地場丈けに比較的皮膚の色は白い様である、店は陰店式に成って居て、娼妓は送り込み制では無い。遊興は時間制で一切廻しは取らない。御定りは一時間二圓三十錢で、四十分を増す毎に五十五錢宛を増して行く事に成って居る。但し此の御定りには御銚子が附かないで、御茶と御菓子が附く事に成って居る。御銚子の御定りは二圓五十錢である。一泊は茶菓代共で六圓十五錢である。
米山甚句は、茲の本場で
「サーサ參らんせうや米山の薬師 一つは身のため、サ、主のため、」
「雪の達磨に夕ドンの目鼻 とけて流れて 色くろぐろと」

柏崎遊廓(新花町遊廓)の地図



柏崎遊廓(新花町遊廓)関連ブログ

新潟県柏崎市(旧新花町遊郭)
新潟県柏崎市(女郎屋コレクション)
北国街道「柏崎宿の風景」を探して新潟県柏崎市を街歩きレポ
柏崎(柏崎遊廓跡地)新花町
柏崎新花町遊郭@新潟(18年1月ついでの遊廓・赤線巡り03)
『柏崎華街志』(9)ー「土地と遊廓との関係」

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy