大島遊廓 和歌山県串本町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース

※大島遊廓に関する動画はまだありません



大島遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

大島村遊廓
大島村遊廓は和歌山縣東牟婁郡大島村、字大島に在つて、鐵道は和歌山線御坊驛、又は新宮鐵道勝浦驛、又は紀勢東線大内山驛等から大島行きの船に乗る。申本からは日に數回の往復船がある。
大島は、本州の最南端たる潮崎の東方に在る島で、周圍約五里の島になる魚津である。先年、聖上陛下が御監行遊ばしてから、急に知らる様に成ったもので築港と共に繁栄して、冷蔵庫、製水所、鑵詰製造所が出來、二三千トン級の船舶も時々入港する様に成った。
貸座敷は目下六軒あつて、娼妓は三十四人居る。三重縣、和歌山縣の女が多い。店は寫眞店で、陰店は張つて無い。娼妓は居稼ぎ制で、送り込みはやらない。遊興は時間制又は通し花制で廻しは取らない。費用は一時間遊びが一圓五十錢、半晝は三圓、半夜は四圓、全夜は五六圓見當である。臺の物は附かない。藝妓も居ない。鰹節が名産だ。附近には、樫野崎、燈臺、トルコ軍艦遭難記念碑、苗我島、千畳數、等がある。茲には昔「タコ」と云つて、入港船へ出稼ぎする私娼が約百人も居て、中には「オユキ」「さ吉」と云ふ非常な美女が人気を呼んで、一時大島の「タコ」の名は三重、大阪方面へ迄も響いた事がある。
「障子あくれば大島一眼、何故にさ吉は山の陰」
「大島水谷かかりし船は、オユキ見たさの汐がかり」
等と云ふ俚謡のあるのは、オユキ、さ吉の妖艶さを唄ったものである。
妓樓は、魁樓、栄樓、勇樓、七福樓、朝日樓、常磐樓の六軒である。

大島遊廓の地図



大島遊廓関連ブログ

和歌山県串本町にあった「大島遊郭」の歴史を地元の住職と古老とともに掘り下げた!
お雪の墓 ~串本町大島~
紀伊大島(蓮生寺)遊女のおゆきの碑
お雪の墓~串本町大島~

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy