勝富遊廓 長崎県佐世保市|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース



勝富遊廓

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

勝富遊廓
佐世保市勝富遊廓は長崎縣佐世保市勝富町に在つて、佐世保線佐世保驛で下車すれば北へ約十五丁、驛前から乗合自動車八幡町行きにて「大丸前」で下車すれば五六丁である。乘合賃は金五錢だ。
佐世保は軍港で鎮守府があり水交社があり、服部中佐の銅像がある。三十年前迄は一小漁村であつたが、軍港に成ると同時に、呉や横須賀と同樣にめきめきと發展して、今では人口が十五萬を突破して居る。此處は佐世保最初の遊廓で、花園遊廓に先んずる事十有七年の、明治二十六年に設立したもので、日本の三遊廓の一つたる長崎丸山廓張りたるを以て有名である。
現在貸座敷が十六軒あつて、娼妓は約百五十人居る。店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は通し花制で廻しは取らない。費用は御定りは臺附きで甲が七圓五十錢、乙が六圓五十錢、丙は五圓五十錢である。尚此の他に短時間遊びもあつて一切の費用が二圓で上る遊び方もある。附近には穴妙見(一丁)、烏帽子岳(十七丁)、福石観音(十八丁)等があり、
娼樓には二葉樓、開新樓、辰巳樓、開福樓、本明樓、高松樓、近新樓、松島樓、千年樓、大新樓、油屋、七福樓、新盛棲、高昇樓、梅屋支店等がある。

勝富遊廓の写真

※おそらく明治時代

関連 毎日新聞
「佐世保遊里考」に反響 遊郭の歴史を克明に記す 82歳の元教諭 自費出版400冊完売

勝富遊廓の地図



勝富遊廓関連ブログ

佐世保の勝富遊郭跡に建つ「松竹荘」に潜入取材!
佐世保市勝富町・軍港の遊里「勝富遊郭」跡を歩く(1)
佐世保の遊郭の本を自費出版した84歳の男性に話を聞いた
明治期軍港の町に開かれた遊郭 戦後の赤線跡

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy