酒田新地遊廓 山形県酒田市新町|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース

酒田新地遊郭

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

酒田町遊廓
酒田町遊廓は山形縣飽海郡酒田町字新町に在って、羽越線酒田町字新町に在って羽越線酒田驛で下車すれば西へ数丁、乗合自動車は新町で下車する。
酒田港は和船萬能時代には有名な港だつた。庄内平野は勿論、遠くは米澤置賜方面の產物を最上川の水運に依つて一手に引受けて、一大荷物の集散地であつた。今は茲が起點と成って鐵道が四方に敷かれたので昔程では無く成ったが、依然として交通上の要路である事を失はない。有名な大地主本間氏の根據地で、別邸の庭園等は可成豪荘を極めたものである。(本間様には及びも無いが、せめて成り度や殿様に)と云ふ里謡がある程だ。遊廓も昔から殷賑して、今町、船場町、高野濱の三ケ所に在つたものであるが、明治二十七年の大震災後に三ヶ所全部合併して今日に至つたものである。
現在貸座敷が三十一軒あつて娼妓は約百人居るが、秋田縣及山形縣の女が多い。店は陰店を張って居て、娼妓は全部居稼ぎ制である。客は廻し制で通し花はとらない。費用は御定り(一泊)が三圓五十錢で、臺の物が附く事に成つて居る。最低二圓八十錢でも遊べる仕組もある。娼樓は小川屋、門真樓、福田樓、常盤家、藤美屋、綠屋、越後谷、群芳樓、櫻屋、吾妻家、松村屋、本五樓、柿崎屋、吉田屋、出島屋、西村屋、明園樓、藤屋、下總屋、喜樂亭、海望樓、翠峰樓、松山屋、北海樓、一笑亭、美咲屋、宮崎樓、眞田屋、五十嵐屋、清月、高砂屋等である。おばこ節の本場
「おばこ何處さ行かしやんす、こん紺の前掛なんどちよいと締込んで」コバエチヤチヤ
「おばこ來るかやと田圃の端れまで出て見たば」コバエチヤチヤ
「おばこきもせで甲の無い煙草賣、なんどふれて來る」コバエチヤチヤ


酒田新町遊郭関連資料

酒田市立図書館/光丘文庫デジタルアーカイブ
地図と写真で見る100年前の酒田
この地一帯は高野浜(こやのはま)といわれていたが、江戸末期に新町となった。明治27年(1894)の大地震により、酒田3遊所のうち、船場町と今町の遊郭は廃止され、新町だけとなった。写真の通りの導線は現在も当時のままである。
約100年前の画像

令和元年7月現在の画像

酒田新町遊郭の地図



酒田新町遊郭関連ブログ

酒田新地遊郭(山形県酒田市)|遊郭・赤線跡をゆく
山形県酒田市の遊廓跡を歩く
山形県の旅館で、世紀を超えて現れた、遊郭の長。松山旅館。

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy