白石遊郭(札幌遊廓)北海道札幌市白石区菊水|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース



白石遊郭(札幌遊廓)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

札幌白石遊廓
札幌白石遊廓は札幌市白石町字一條から五條迄が一廓成につて居て。札幌驛から東南へ約廿丁、市電は大門前で下車する。賃金は片道六錢。
札幌は全道の行政上の中心地で、道廳があり、鐵道、逓信の各管理局、税務監督局、帝國大學等があり、大日本ビール、帝國製麻、鐵道省等の大工場がある。市街はアメリカ式の明るい様式で、道幅は廣く、且つ碁盤の目の様に整然として居る。市街の中央には市を南北に分断した大通りがあつて、黒田清隆や、永山將軍等の銅像がある。帝大附属の植物園と、市の中島公園とは全國的に有名である。明治初年に開設された遊廓で札幌市南五條に薄野遊廓と云ふのが在った。其れが大正九年に現在の個處へ移転して來たものである。
現在貸座敷は三十一軒あつて、娼妓は二百五十人居るが、北海道の女が最も多い。店は寫眞制で陰店は張つて無い。娼妓は全部居稼ぎ制で送り込みはやらない。遊興は廻し花制で通し花は取らない。費用は甲が四圓二十錢で、乙が三圓二十錢、丙は二圓五十錢で宵から一泊が出來る但し臺の物は附かない。本部屋へは先客順に這入る事に成つて居て増しは取らない。
娼樓には、釣月樓、昇月樓、久津和樓、新盛樓、第二新盛樓、玉樓、有明樓、北國樓、高砂樓、天田樓、榮清樓、松島樓、昭和樓、源氏樓、日光樓、志喜島樓、満月樓、喜久川樓、南花樓、榮太樓、一二三樓、富山樓、福井敷、一力樓、丸喜樓、北越樓、岡田樓、宮島樓、大正樓、等がある。

白石遊郭(札幌遊廓)の古写真 年代不明

白石遊郭(札幌遊廓)の地図



白石遊郭(札幌遊廓)関連ブログ

白石遊廓を訪ねる(12.04.27撮影)
【札幌】菊水駅のところにあった白石遊郭跡地
2015年9月8日 札幌・白石遊郭跡
娼妓と菊水稲荷神社
2015年9月8日 札幌・白石遊郭跡
最後の妓楼 白石遊郭の建物はいつまで遺っていたか?
札幌・菊水(1) 菊水西町の痕跡

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) - WordPress Theme by WPEnjoy