飛田新地(飛田遊廓) 大阪府大阪市西成区山王|全国遊廓赤線マップ 散策動画とブログデータベース



飛田新地(飛田遊廓)

※1930年(昭和5年)発行の「全国遊郭案内」より

大阪市飛田遊廓
大阪市飛田遊廓は大阪市住吉區山王町四丁目に在つて、關西線天王寺驛で下車し、西南へ五丁程行つた處、電車は南海電鐵の阪堺線と、田邊線との交叉點たる「合池驛」で下りた處が飛田遊廓に成っている。
元難波新地に在った遊廓と新町遊廓の一部が、大正七年に茲へ移轉して來たもので、未だ真新らしい木の香りがする程の遊廓である。現在貸座敷は二百廿軒あつて、娼妓は二千七百人居る。九州四國方面の女が多い。大門を入ると中央の大通りを中心に、縦横街は幾筋と無く整然と別れて、和洋折衷の貸座敷がすらりと並んで居る。店は全部寫眞店で、陰店は張って無い。揚屋や引手茶屋も無く、客は直接貸座敷へ登樓するのだ。娼妓は全部居篠ぎ制で、遊興は時間、又は通し花制で廻しは取らない。費用は一時間一圓五十錢で、午後六時から十二時迄が五圓二十五錢、引けから翌朝六時迄が四圓九十五銭、六時から正午迄は二圓七十袋、正午から六時迄は四圓五十銭と云ふ事に成つてゐる。但し臺の物は別だ。藝妓を呼べば一時間の玉代は約九十錢。
主なる妓樓は品の家、秋津樓、大和樓、辨天樓、梅ヶ枝樓、正玉樓、吾妻樓、小山樓、岡山樓、寶閣。金星樓、新大和樓等。

飛田新地(飛田遊廓)の地図



飛田新地(飛田遊廓)関連ブログ

日本最大級の遊郭の建物が今も150軒以上残る「飛田新地」に行ってきました
飛田新地(大阪市西成区)|遊郭・赤線跡をゆく
飛田新地の料亭に行ってみた 日本最大の遊郭

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ 

© 2022 酒場放浪記 居酒屋周路(いざかやしゅうじ) 歓楽街とお店を応援 - WordPress Theme by WPEnjoy